難病と共に生きるきくさんのブログ

シャルコーマリートゥース病という難病指定されている病気を患っています。更に隻眼で超ド近眼でスマホ老眼な大阪出身のおばちゃん。日常の気づきなどを更新しています。

【年の差婚】TOKIO城島さんの結婚から見る年の差婚成功の秘訣

ども、20歳年上のダンナと結婚したきくさんです。

最近、TOKIOのリーダー城島さんが24歳と年下の菊池梨沙さんとご結婚されたというニュースがありました。

この記事では

  • どうしたらこれだけ年下の女性と結婚できるのか
  • 女性が超年上の男性に惹かれるのはどんなときなのか

というところを

  • 女性視点で
  • 自分の経験談から完全主観で

書いていきたいと思います。

気になる方はこのまま読み進めてください(^^)/

f:id:nuko_chocola:20190929110514j:plain

debowscyfotoによるPixabayからの画像

 ルックスではなく人柄優先

私が超年上男性に惹かれた点

この年齢差になるとルックスは求めていません(そりゃいいに越したことはないけど)

人柄が第一条件です

この人柄ってなんやねんって話ですが

 

  • 包容力

 

この一言に尽きます。

簡単にいうとどんなワガママでも許してくれる(もちろん優しく助言してくれる)ような包容力です

これはうちのダンナに言えることですが

イライラしているのをほとんど見ません。

仏のように私がしていることを見守ってくれています

その私がしていることに反対をしないのです

もちろん、優しく助言してくれることもあります

(絶対厳しくはいいません!←これ大事)

 

どうしてもあれやこれや言いたくなると思うのですが

(私がダンナの立場だと言いまくると思うw)

よく我慢してると思いますよ、ほんと

 

テレビの中でしか見ていませんがリーダーからもダンナと同じ匂いを感じるので

きっとその包容力に惹かれたのではないかな

と私は思っています。

 

なので年下の女性と結婚したい男性の皆さん

包容力!

仏のような心!

これ大事!マジ大事!しこたま大事!

これを持ってる方はきっと今からでも結婚できるかも知れませんよ!

 

 どうしたら年下の女性が振り向いてくれるのか

過度なアピールは禁物です

若い男性と同じような手法では絶対に嫌われます

 ではどうすればいいのか

 

例えば同じ会社に勤める人なら

残業時にお茶なりコーヒーなりを

「おつかれさま」

と渡してみる

ここで注意したいのはあまり糖分が多くないものを渡すといいですね

女性は少なくとも体型を気にしてる生き物ですので糖分控えめがベスト

となると誰でも好まれるお茶や水がベストかなと思います

その時もあまり重くならないように小さめ(350mlくらい)のものがいいと思います

500mlのペットボトルって結構かさばるんですよね

 

ここで重要なのが

相手に気を遣わせない程度のプレゼントであることが重要

 

これは感情に訴えかける方法です

通常急にお茶をもらったところで何も思わないと思うのですが

どうして残業しないといけないんだ

という感情が芽生えているところにさりげないプレゼントを渡すことがポイントです

 

 人間は感情に左右される生き物です

その感情をうまく使うことが恋愛が成就する近道だと私は考えます

 

何か落ち込むことがあった

何かに一生懸命頑張っている

など応援している意味でちょっとしたプレゼントを贈ると効果的に立ち回れるということです

お茶などならお金もかかりませんし、誰でもできますよね?

 

超年上と付き合うんですもの、お金も大事!

そりゃ年齢差を考えると、この人と付き合うということは…

一生を添い遂げないといけないかもしれないと考えますよ

ということは

  • 生活費は稼げているだろうか
  • 生活力はあるのだろうか

これは当たり前ですが重要です

 今どき専業主婦になろうという人は少ないかも知れません

が、お金の心配をしなくてもいいのならそれに越したことはありません。

ギャンブラーだったりお金遣いの荒い人だと

本当にこの人で大丈夫だろうか

と年の差婚じゃなくても思うでしょう

生活力と書いたのは生きていく力です。

我流だとしても家事ができるのかは重要です

うちはダンナがかなり積極的に参加してくれているので本当に助かっています

年の差婚ができる秘訣・まとめ

安心感と包容力が必要である

お金の心配がいらない安心感と何事にも寛大な包容力

この二つを兼ね備えているかどうかが最も重要と私は考えます

これは私の実体験から考えることで、全員がそうとは言いません

しかし、自分が結婚するメリットがあると感じなければ

結婚するという選択肢は出てこないわけですから

少なくともこの2つは非常に重要であると私は考えます

 

結婚は勢いです

付き合ってから結婚までが結構長くて3年かかったのですが

ひょんなことから急に勢いがついてあれよあれよで結婚しました

今考えてもなんであのタイミングで急に勢いづいたのか今でも分かりません笑

それくらい結婚には勢いが必要なのです

 

しかし、結婚ってお互い気を遣いあわないといけないですし

独身のときのように自由気ままに動けるわけでもないので

それを犠牲にしてまで結婚したいのかどうか

何のために結婚したいのか

もう少し考えてもいいのではないでしょうか

 

と最後にとんでもないことを書いたところで終わりにしたいと思います

ではでは

 

 

しょぼ婚のすすめ 恋人と結婚してはいけません! (しょぼい自己啓発シリーズ)

(リンクはアマゾンアソシエイトリンクを使用しています)