難病と共に生きるきくさんのブログ

シャルコーマリートゥース病という難病指定されている病気を患っています。更に隻眼で超ド近眼でスマホ老眼な大阪出身のおばちゃん。日常の気づきなどを更新しています。

サラリーマンと起業とフリーランス、息子と考えるこれからのこと

就職するか

フリーランスになるか

いっそ起業するか

 

息子(高校1年生)の悩みです。

 

ある日急に

社畜になるのは嫌だ!

と言い出しましたw

 

サラリーマンになったからと言って社畜なわけではないのにw

 

働くとはどういうことかも分かっていない状況で

やれフリーランスだのなんだの言うのには

さすがに時期尚早であると。

 

働いてみたら実は自分に合っているとかいうこともあるので

どの業種でどの形態が自分に合うのかなんて本当に分からないと思っています。

だからと言って

サラリーマン至高主義とかいうわけでもないので

最終的にフリーランスの道だったり

自営業始めてみたり

起業してみたり

好きにすればいいと思っています。

 

ちなみに私は今、スーパーの店員として働いていますが

今の仕事は自分に合っていると思っています。

買い物に来られるお客様と関わることができて

それなりに楽しくしてます。

楽しんで仕事している人もいるのだと

もっと教えないといけなかったのでしょうね。

 

もちろんすると決めたことは全力で応援するし

何か調べ事があるのなら喜んで調べるし

やりたいならやったらええやん

とだけいうのではなく

全力で手伝いますよ。

 

ただ、息子の話だけを聞いていると

なにかサラリーマンを見下しているようにも見えるし

自由業で働く人を羨ましがってるようにも見えるわけです。

そう思ってフリーランスの道を行こうとしているのなら

フリーランスのデメリットが多分見えてないと思うので

メリットデメリットをきちんと教えておかないといけないし

雇用されるという立場がどのようなものであるのかも

メリットデメリット含めて教えないといけないと思ったところであります

 

今はネットで情報が得られる時代なので

ブロガーさんやYouTuberなどフリーで働く人を

目にすることが多くなったのだと思います。

 

それが学生にどういう影響を与えていて

働くことがバカバカしいと思わせている現状に若干の危機感を持っていたりします。

 

最悪、生活ができればいいと思っていますが

働かないというちょっと違う方向に行ってたので

これは早めに軌道修正しないといけない!

と思ったところではあるのですが。

 

一度仕組みを作ってしまえばあとは稼いでくれる

というものも存在するのは確かです。

ですが、それを作り出すまでの労力がどれだけかかるかを

考えられていないのではないかな?という印象でした。

 

説得というか視野を広げるための提案は

するべきなのだなと思います。

 

これから進路についてはいろいろ乗り越えなければいけないことが

出てくるのだろうなぁw