難病と共に生きるきくさんのブログ

シャルコーマリートゥース病という難病指定されている病気を患っています。更に隻眼で超ド近眼でスマホ老眼な大阪出身のおばちゃん。日常の気づきなどを更新しています。

宝くじの高額当選者は不幸になる???

こんにちは、きくさんです。

先ほど宝くじを当てるにはというような番組をちらっとだけ見ていたのですが

 

そういえば

高額当選者は不幸になる

という話を聞いたことがあります。

 

なぜなのでしょう。

ちょっと調べてみました。

 

高額当選者の7割以上が破産している

退職する

金銭感覚が狂う

などの要素があるようです。

 

なくならないと錯覚して使いすぎるのでしょうね。

 

そして一度生活レベルを上げてしまうと

なかなか元には戻せないものです。

 

高額当選者に配布される本の中で

『宝くじが当たったことを誰にも言わない』

と書かれているそうです。

やはり妬み恨みを買いやすいですし、

たかられることも多くなるでしょう。

どうなるかは。。。

容易く想像できてしまいますね。

 

海外で工場勤務だった男性が何十億もの高額当選をしたのち

働くのが嫌になり働いていた会社を買収したそうです。

当然経営のことなど全く知らない人間が会社を買ったところで

上手くいくはずもありません。

その会社はみるみるうちに業績が悪化し倒産したそうです。

 

このように宝くじは人生を狂わせてしまうものだということです。

そもそも確率論的には1等が当たる確率は10,000,000分の1ですから

当たらないのですけどねwww

 

身の丈にあったお金じゃないとうまく運用できないようになっているのですよね。

お金持ちの人たちは

自分の力で手に入れたお金なので、運用方法も熟知しているのです。

それに引き換え急に高額なお金を手に入れた人は

お金の運用方法など知るはずもないので失敗するのです。

 

そして、周りに知られた方たちの不幸話もたくさんありました。

やはりお金は人を狂わせるということを象徴するかのごとく

殺人に遭ったなどの記事をたくさん見ました。

 

この記事を書くためにいろいろなサイトを見ましたが

こんな目に遭うのなら宝くじ買わなくていいわ

と心から思いました。

 

そして自分の力で収入を上げて

身の丈にあった運用法を学ぼうと思いました。

 

もし当選しても

平均何歳まで生きて

毎月の使える金額を設定するなど

相当なモチベーションが必要なのだろうなと。

 

ま、買いませんがねwww